2016希望郷 いわて国体トライアスロン競技 報告|活動報告|京都・亀岡・保津川トライアスロン倶楽部

活動報告 Activity report

2016希望郷 いわて国体トライアスロン競技 報告

 岩手県釜石市根浜海岸を会場に初めて正式競技としてトライアスロン競技が行われました。

 東日本大震災時の爪痕がいたるところで残る中、復興には多大な労力が必要とされながらも、この地にぜひともトライアスロンを開催し勇気と感動とそして全国の皆さんと心を寄せ合うことが復興の第1歩だというお話を地元協会の方がお話されていました。トライアスロン競技が復興の懸け橋になったということは決して忘れてはいけないと強く感じました。

 当倶楽部の村中選手にとって初めての大舞台で、見えない努力をたくさん積まれてきました。その努力の支えとなったのが奥様の愛情だと思います。ご夫婦2人3脚で勝ち取った貴重な財産です。これからも村中ご夫婦の成長を倶楽部としても見守って行きたいと思います。心が動く大会でした。

 関係者の皆様、岩手県 釜石市の皆さん本当にありがとうございました。

結 果
開催日:10月2日(日)
スタート時間:9:00女子  12:30男子

競技距離
水泳1.5㎞ 自転車40㎞ ラン10㎞

男子:村中大輔選手(山口県 代表)66位  2:05:57

これからもよろしくお願いします。

佐々木政治

2016希望郷 いわて国体トライアスロン 村中大輔選手
村中大輔選手(山口県 代表)


2016希望郷 いわて国体トライアスロン 村中大輔選手 佐々木代表


ページトップへ

活動報告の一覧